「モタさん流」飛行機コレクター七つの信条(1.執念深くあれ)|20210929

書斎にはプロペラ」「応接間にはコンベアCV880のシート」「本命のフライト・バッグ収集は足の踏み場もないほど」という飛行機マニアであり随筆家、精神医学会の大御所だった斎藤 茂太 氏(愛称 モタさん)

そのモタさんが提唱していた七つの信条、今回は「1.執念深くあれ」について紹介。

 

管理人が最も影響を受けた飛行機界の人物。モタさんの「七つの信条」は、今でもコレクション収集の基本として実行しています。

管理人


時にはじっと耐え、諦めず執念深く追い続けなさい』と説くモタさん。

このようなエピソードがある。

「日航 コンベアCV-880のシートを入手するために、お願いしてから二年ほど廃棄処分になるのをジッとガマンして待っていた。あせって急いで入手しようすれば少なからずお金がかかる。”大金”をつんで”買いとる”ことは趣味ではない。」-とにかく飛行機への情熱-

こうして見事、コンベアCV-880のシートを”タダ”で入手した。

 

Convair CV-880, Japan Airlines (JAL) JP6836340Jon Proctor (GFDL 1.2 or GFDL 1.2), via Wikimedia Commons


管理人の場合は、1990年に就航開始したピカピカのJAL 747-400に搭乗した際に、CF6-80C2エンジンの力強さに度肝を抜かれた。

パワーの源となる巨大なファンブレード、あやつをどうしても1枚欲しくなりそのチャンスを待ち続けた。

月刊誌や専門書に、ブレードの写真が一枚でも掲載されていればとにかく買って眺めていた。

待ち続けること20年くらいたったか、2010年以降になってようやく入手した。今の時代はモタさんの時代とは違い、多少の現金は必要だがそれは仕方がない。

 


斎藤 茂太 氏

本業は精神科医(日本精神科病院協会 名誉会長)、趣味の分野では昭和・平成を代表する飛行機マニア。エッセイストとしても活躍され多くの著書を残している。

その七つの教えがコチラ。

 

◆飛行機コレクター七つの信条(幸福への道しるべ)◆

  1. 執念深くあれ
  2. バカになれ
  3. 完全欲を持て
  4. 欲求不満を持て
  5. 欲求水準は高く
  6. 図々しくあれ
  7. 捨てるな、とっておけ

※「幸せ」を引き寄せる人:斎藤 茂太 著より 

次回は、「2.バカになれ」について紹介します。

0